【第3回】LIVEよしだや 7代目 大野麻理子さん

 


― 最初から当社の商品についてお聞きするのはどうかと思いますが・・・(笑)率直なところ、化粧ポーチ「sussu」の使いごこちはいかがですか? ―


大野さん

そもそも化粧品屋さんなので、化粧品をいろいろ持ち歩くんですが、これはコンパクトなのでバッグの中でもジャマにならないですね。中の色がピンクなのがとても気に入っていて、すごくテンションが上がります。他に、これは言ってみれば、化粧品など入るものがひとつひとつ全部自分の部屋を持っているようなものなので、これがない、あれがないっていうのがなくていいです。バンドエイドや綿棒やヘアピンなど小さなモノも迷子にならずに、すぐ取り出せるのがいい。青海波ポケットの幅も考えられて作ってあるなぁと思いました。欲を言えば、チャックの持ち手がもう少し大きければいいな、と思います。だから、持ち手にアクセサリーを付けて使用しています。

今開催されている、テキスタイルデザインのコンテストを見たのですが、とても夢があふれていると感じました。商品を作っている方の夢と、デザイン画を出品いる方の夢と、そして最終的に商品を購入して使う方の夢が重なっていいですね。私も投票したのですが、とても結果を楽しみにしています。

 

―こちらのお店のご紹介をしていただけますか?―

 

大野さん

ここは実家でして、子育てをしながら仕事をしています。

このお店は私の好きなものがいっぱい詰まっています。子育てをしている中で、こういうのがあればいいな、とかスキンケアもメイクも自分の肌が調子いいと朝が気持ちよく迎えられるし、自分を愛でるためのツールとして、きれいになりたいという気持ちを応援できるお店でありたい、と思って品揃えをしています。

そういう女性が増えることによって、大きい意味で、三島の街をもっと輝く場にしたいと思っています。

モノ(商品)を売っていますが、化粧品によってきれいになるだけではなく、内面から出てくる美しさによって人間はよりキレイになると思います。ですので、食事や運動などで健康的で美しい女性が増えてくれると嬉しいですね。また見てウキウキ、選んでウキウキ、いただいてウキウキする小物などを集めています。

一番のオススメはやっぱり資生堂

 

フェアトレードの小物たち

 

今治のタオル・・フワッフワの手触りで、子供たちが手放せないとか。

 

―会社()の誕生秘話などあればお聞かせいただけますか?

 

大野さん

ここ三島は、江戸時代、東海道の宿場町で土地柄でしょうか、お店は天保11年の創業で180年の歴史を持ち、私で7代目になります。

薬問屋から始まり、明治に入り資生堂が薬を取扱っていたこともあり、資生堂薬舗を取扱い、その後、資生堂を離れ、うるし屋、ペンキ屋、インテリア、テキスタイルを扱っていた時期もありました。そして母の時代にyour資生堂という、化粧品屋でありながら、雑貨も売って楽しい生活を提案するというコンセプトのお店を始め、28年経ちました。

 

―趣味など含めて社長さんの自己紹介をお願いします。―

 

大野さん

私は、三島が大好きです!
人が好き、海山に近くご飯も美味しくて、遊びも楽しくて大好き♡。
根っからの三島っ子なので三嶋大社のお祭りは山車の上で大はしゃぎしています
そんな私の最近の趣味は“ジョギング”です。
産後太りをやっと解消した2014年
痩せてすっきりと思ったら体力がまったく無くなり病気ばかり
子供も小さいから教室やジムに行くことも無理・・・
そんな時に友人に「ジョギングなら玄関開けて走るだけ」と言われ
ジョギングをスタートしました
初めは1kmも走れませんでしたが徐々に体力もつき
2015年伊豆マラソン10km完走
2016年伊豆マラソン21.7km完走
しました。おかげで、体力も付き病気知らず♡
そして、走ることで出会えたポジティブな仲間もできました
ジョギング、おすすめです!
汗を流すとなんだかスッキリするんです
このスッキリ感、そして体力アップ
体力がアップすればお肌の力もアップするので
運動することも美容と一緒にお伝えしています
健康で美しい人があふれる三島
それが私の夢です!

 

取材したSAZARE高橋よりひと言

とても明るくかわいい方で、これから三島を明るく元気にしてくれるお一人だと感じました。自分の好きなモノ、こだわりのモノを皆さんにも提案したい、そして女性にきれいになって輝いてほしいとの思いが伝わってきました。

今治タオルに惚れ込んで、今治の工場まで行った話や、フェアトレードのアクセサリーを置いている麻理子さん。皆さんに、より見ていただきたいと店のチラシを手描きしていて、とても魅力的な方でした。

手作りチラシ

 

大野麻理子さん

1977.3.9生まれ 小1・2年のお子さんの母

 

資生堂化粧品、雑貨、ファッション、ギフトのお店「LIVEよしだや

店 舗 名 LIVEよしだや
営業案内 定休日 日曜日
営業時間 10:00-18:00(水曜17:00)
所 在 地 静岡県三島市中央町3−44
電 話 055−975−1243
URL https://www.facebook.com/live.yoshidaya/?fref=ts

 

 

次回ご紹介いただける女性社長は・・・

大野さんから次のリレートークにバトンタッチされるのは、

同じ三島商店街の「chigiri」を運営する西島千恵子さんです。